間違いやすい英語学習法TOP5

更新日:9月9日


英語は国際語であるため、多くの人が英語を勉強しています。 しかし、多くの学生は言語学習の正しい方法を知らないようです! もしかしたら、あなたは何年も英語を勉強しているのに、現在の進歩にまだ満足していないような人ですか? 文法は得意なのに、会話ができないみたいな感じですか? 上記の全てに対する答えが「はい」の場合、英語の学習に影響を与えるいくつかの間違いを犯している可能性があります。


1) You think tests are king!

「試験に合格すればいい」という考え方!


多くの人は、実際に言語を学ぶことに集中するのではなく、単に英語のテストに合格することに集中する傾向があります。 テストの種類により、この考え方は良い場合も悪い場合もあります。 アウトプット スキル (会話とライティング ) を徹底的に評価しないテストでは、学生は言語のインプット スキルのみに集中することになります。その一例が、日本の語学能力試験である英検(EIKEN)です。 多くの人がこの試験の上級レベルに合格したが、英検はアウトプットではなくインプットに重点を置いているため、合格したのと同じレベルで会話することはできません。


また、言語を学ぶことは冒険に出かけることに似ていることを忘れないでください! 試験に合格したからといって、旅が終わるわけではありません。



2) You focus too much on grammar.

文法に過剰に集中すること


これは、日本で教えているときに気づいた大きな問題です。 日本の学生は小さい頃から、主に文法翻訳の方法で英語を教えられています。 ここでも、アウトプットスキルは練習されていません。 世界中の全ての文法を暗記できるかもしれないが、その文法を会話に適用できるわけではありません。 その証拠は、ESL/EFL テストで行われた研究を調べることで明らかです。 文脈の中で文法を練習することは、テストに合格するために必須です。 特に会話中に、文法を適用してみてください! 読むだけでなく、実際の状況で文法を使ってください!


3) You study grammar and vocabulary only once.

文法と語彙を一度だけ勉強すること


復習・復習・復習!人間はロボットと違うでしょう。単純にデータを一度入力してから「完了」と言うわけにはいきません。心理学の研究によって裏付けられた実証済みのテクニックの 1 つは、「間隔反復」と呼ばれます。よく知らない語彙は復習されるが、よく知っている語彙は復習されません。私自身、ワニカニ(WaniKani)という有料Webサービスで日本語の語彙・漢字を勉強する際に、このテクニックを使っています


「間隔反復」を体験できるフリーソフトウェアの 1 つに Anki があります。独自のフラッシュカードデッキを作成するか、事前に作成された語彙デッキから選択することができます。 Anki の Web サイトにアクセスするには、下のリンクをクリックしてください。



https://apps.ankiweb.net/


試してみるべきであるもう 1 つの Web サイトは、Quizlet です。 Quizlet で無料のアカウントを開設すると、語彙用の独自のフラッシュカードデッキを作成できます。しかし、自分で作成したくない場合は、他の人が公開して共有しているデッキを使用できます。実はOPEN EikaiwaはQuizletで無料のビジネス英会話教室を開催しています。メーリングリストに登録してプログラムに参加し、今日からビジネス用語の学習を始めましょう! Quizlet についての詳細を得るには、このビデオをご覧ください。


「間隔反復」の詳細と、この推奨手法の適用方法については、以下のリンクをクリックしてください。


https://www.kpu.ca/sites/default/files/Learning%20Centres/Think_SpacedRepetition_LA.pdf


4) You are too hard on yourself

自分に厳しすぎること


誰もが「やばい!何で、こんなこと分からないのかな!」という経験をしたことがあるでしょう。 または、会話中にミスをすると、「ああ、恥ずかしい。みんなが私を馬鹿にするつもりだろ」と思ったことがあるでしょう。もう 1 つの例は、テストに失敗したり、課題の成績が悪い場合です。 私たちは誰でも、自分自身について悪いことを告げる声を頭の中で聞いていますね。 その声を聞かないでください! ポジティブに考えましょう! ネガティブな考えに耳を傾けすぎると、英語の学習をあきらめるかもしれません。


言語の習得は大変で、多くの時間と労力がかかることを忘れないでください。一晩で流暢に英語を話せるようになることはできません。学習プロセスには時間がかかり、間違いを犯すことは学習の一部です。間違いを犯していない場合は、おそらく自分自身に挑戦していないか、まったく試みていません。


自信を壊すのではなく、高めてください。


以前の投稿で自信がいかに重要であるかについて読んでください。


https://www.open-eikaiwa.com/post/『自信』は言語学習の鍵。


5) You spend time with friends who only speak your language

母国語しか話さない友達と過ごすこと


クラスで英語を練習するだけでは十分ではありません。 実際、クラス外で英語を練習することはより大事です。 あなたが日本人で、日本人としか会わないということは、英語がほとんど話せないということではないですか? 英語力を向上させるには、この言語を実際に使用する必要があります。 したがって、英語を話す友達を持つことは重要です。 彼らと一緒に英語を学んだり、練習したりするだけでなく、新しい文化についても学べるかもしれません。つまり、英語を話す友達がいると、学習が楽しくなり、語学学習の旅で自分自身をより良くするためのモチベーションが高まるでしょう。




OPEN Eikaiwaでは毎月無料でフリートークイベントを開催しています。 最初の30分は、日本語を学びたい人たちと英語で話します。 次の30分は日本語で会話を行います。 こういう仕組みは言語交換と呼ばれています。 これは、言語や文化を交換しながら、新しい人々と出会う素晴らしい方法です。 OPEN Eikaiwaが開催する次回のオンライン言語交換会の最新情報は、メーリングリストに登録された方にお知らせします。


以上です! 上記の間違いを犯している場合は、今こそ正しいことを行うときです。 あなたが英語を学ぶのが初めてなら、あなたはラッキーです! これらの 5 つの間違いを避けるようにしてください。 最後に、このような間違いは英語学習者だけのものではなく、他の言語学習者にも共通するものです。 私も日本語を初めて勉強していたときに、これらの間違いのいくつかをしてしまいましたよ。


人生と同じように、言語の習得にも浮き沈みはあるが、重要なことは、決してあきらめず、間違いを修正し続けることです。


よろしく


Moses


閲覧数:76回0件のコメント