top of page

間違いやすい英語学習法TOP5

更新日:2022年9月9日


英語は国際語であるため、多くの人が英語を勉強しています。 しかし、多くの学生は言語学習の正しい方法を知らないようです! もしかしたら、あなたは何年も英語を勉強しているのに、現在の進歩にまだ満足していないような人ですか? 文法は得意なのに、会話ができないみたいな感じですか? 上記の全てに対する答えが「はい」の場合、英語の学習に影響を与えるいくつかの間違いを犯している可能性があります。


1) You think tests are king!

「試験に合格すればいい」という考え方!


多くの人は、実際に言語を学ぶことに集中するのではなく、単に英語のテストに合格することに集中する傾向があります。 テストの種類により、この考え方は良い場合も悪い場合もあります。 アウトプット スキル (会話とライティング ) を徹底的に評価しないテストでは、学生は言語のインプット スキルのみに集中することになります。その一例が、日本の語学能力試験である英検(EIKEN)です。 多くの人がこの試験の上級レベルに合格したが、英検はアウトプットではなくインプットに重点を置いているため、合格したのと同じレベルで会話することはできません。


また、言語を学ぶことは冒険に出かけることに似ていることを忘れないでください! 試験に合格したからといって、旅が終わるわけではありません。



2) You focus too much on grammar.

文法に過剰に集中すること


これは、日本で教えているときに気づいた大きな問題です。 日本の学生は小さい頃から、主に文法翻訳の方法で英語を教えられています。 ここでも、アウトプットスキルは練習されていません。 世界中の全ての文法を暗記できるかもしれないが、その文法を会話に適用できるわけではありません。 その証拠は、ESL/EFL テストで行われた研究を調べることで明らかです。 文脈の中で文法を練習することは、テストに合格するために必須です。 特に会話中に、文法を適用してみてください! 読むだけでなく、実際の状況で文法を使ってください!


3) You study grammar and vocabulary only once.

文法と語彙を一度だけ勉強すること


復習・復習・復習!人間はロボットと違うでしょう。単純にデータを一度入力してから「完了」と言うわけにはいきません。心理学の研究によって裏付けられた実証済みのテクニックの 1 つは、「間隔反復」と呼ばれます。よく知らない語彙は復習されるが、よく知っている語彙は復習されません。私自身、ワニカニ(WaniKani)という有料Webサービスで日本語の語彙・漢字を勉強する際に、このテクニックを使っています


「間隔反復」を体験できるフリーソフトウェアの 1 つに Anki があります。独自のフラッシュカードデッキを作成するか、事前に作成された語彙デッキから選択することができます。 Anki の Web サイトにアクセスするには、下のリンクをクリックしてください。